Profile

About Hisashi Saito

齋藤久師

1991年『GULT DEP』でビクターエンターテインメントよりメジャーデビュー。

日本でのシンセサイザーマエストロとしての地位を確立し、「シンセ番長」という愛称を持ち、様々なジャンルでで制作、執筆を行う。

2013年より「galcid」をプロデュースし、Detroit Undergroundより12inch singleとフルアルバムをリリース。

国内外問わず、フェスやクラブ、ライブイベントに参加するなど、活躍の場を広げる。

20162月には、日本文化庁主催のメディア芸術際@インド・ムンバイにライブアーティストとして召集され、 日本を代表するメディアアートの地位を確立。

その即興電子サウンドはカール・ハイド(アンダーワールド)、ダニエル・ミラー、クリス・カーターなど世界の強豪達から絶賛を受け、坂本龍一氏がディレクションするSKMT picksgalcidの曲が選ばれるなど世界的な評価を受ける。

また、シンセサイザーとvinylと巧みに使ったDJingdommuneをかわきりに多くの電子音楽リスナー、アンダーグラウンドクラブミュージックファンを魅了する。